オンライン医学部予備校

2021年度入試で医学部(東大京大)への合格を目指す全ての受験生をサポートします。

社会について(科目の)

こんばんは

 

今晩は自分が受験の時に選択していた社会の科目と今持っている家庭教師の生徒さんの社会の科目について自分の思ったことを伝えていこうと考えています。

 

私は自分の担任の先生が日本史の先生であったということもあり、また自分の入試へ対する意識がなかったということもあってその時は日本史を選択してしまいましたが、本当に受験を終えて感じたことは日本史と世界史以外の科目について勉強をしようと思いました。

 

本当に自分は入試については日本史や国語といったような受験の私大の医学部でも必要とされるような科目以外は極力勉強しないことが大事です。というか、文系の科目に時間を使用しているような場合ではないといった方が正しいとおもいます。実際、私の教えている生徒さんは今の時期に一番苦労するであろう世界史を勉強しています。本当に世界史や日本史は成績が微妙な生徒と現役生は本当にこの時期に苦労というかしんどいというような雰囲気を出しています。

 

一般的に日本史と世界史は高得点を取ることが可能な科目ではあるが、振れ幅が大きな科目であるといわれています。そして、地理や倫理政治経済はある程度のアヴェレージの結果を取りやすい科目です。私は確かに共通試験では高得点を取る必要が出てくると感じますが、このように試験が済んで考えてみると高い得点は取りたい奴に取らせておけばいいのです。微妙な高得点を取ることを考えると世界史や日本史は選択しないことが望ましいです。また、コストパフォーマンスが最もいいことです。

 

ここまでこのような私の考えを言ってきましたが、もしも自分の得意であると感じる科目が存在するのであればその科目を選択するべきです。

 

私がもしも試験にもう一度臨むというような機会に遭遇すれば、日本史や世界史のような歴史的に事実が確定しておりこれ以上の変更がおそらくは起きないであろうような科目を選択します。それこそ、日本史や世界史です。これは自分に世界史や日本史を勉強するだけの時間が残っていたからです。そのようなことを考えると時間があればという最大限の条件を考えたうえで自分の振舞うべき行動を決めてください。

 

本日はありがとうございました。