オンライン医学部予備校

2021年度入試で医学部(東大京大)への合格を目指す全ての受験生をサポートします。

部活動について

こんばんは

 

本日は医学部の中の部活動がどのようなものなのかを話していこうと思います。

 

この医学部の部活動は一般の大学と同じく引退までの期間は基本的には同じであると考えてもらって構いません。4回生にはみんな基本的には引退となります。また、医学部の場合は5回生から本格的な国家試験の勉強に取り組む時期となってくるので仕方なく引退となります。しかし、ここにも例外というものが存在しており6回生まで部活動が出来る医学部も中には存在しています。私が知っているのは私立の医学部にこの傾向が多いように感じます。なのでそのところは自分が受験して合格した後にでも調べてみるのもありであると思います。

 

そして、これは最近のことなので本当に実体験なのですが私は最初高校までにやってきた部活動をそのままやっていこうと考えていました。しかし、これは間違いとは言いませんが部活動の新入生歓迎会のような会に実際に参加してから考えていくのが本当にいいと思います。というのも6年間の学生生活とその後の医師としての生活にまで影響してくるからです。なので自分が長い間ずっとすることが出来てまたそれはもちろん楽しんですることが出来ることが前提ですが、本当に入って長い間いい雰囲気の部活に入部することが本当に大切です。友達の先輩が先に入っていればその人に聞いて部活動の雰囲気を感じて自分に合っていると感じたのであればその部活に入部すればいいと思います。

 

そして、このようなことは本当は言っていけないことなのです。というのも他の部活動のネガキャンをすることは他の部活動との本当の摩擦を生むからです。なのでこのような内容は声を大きくして話すことはタブーです。

 

そして国立や公立の医学部は一般的に多くが総合大学なのでサークルというものがありますが、私立は多くがた単科大学なのでサークルは他の大学の外の大学のものに入るしかないのでそのところは少し大変です。

 

そして、最後にその部活動の中でしか回してもらえないような試験の対策資料や試験問題に対応するものがもらえます。そのような勉強面においても医学部の部活動に入ることは本当に有意義です。

 

本日はありがとうございました。